Follow

文春も取材が甘い。
記事中の長谷川豊の弁は最新のブログ記事によれば『維新の馬場幹事長の作文』であり、本人による言葉ではない。
加えて、この謝罪文を発表して沈黙してれば『2〜3日で沈静化するだろう』という打算の元に長谷川・馬場が計画した。
本人には一切反省の様子が見えない。

これが維新の体質だ。
それを見抜けない有権者の体たらくも情けなさ過ぎる。

丸山穂高、長谷川豊を野放しにした日本維新の“炎上商法” bunshun.jp/articles/-/12303

Sign in to participate in the conversation
LIBERA S2

 リベラル派のリベラル派によるリベラル派のためのマストドン・サーバ。

 自由主義の政治思想を掲げる人々が集い、緩やかに交流、議論を深めてゆく場として、ご活用いただければと思います。

【メンテナンスに伴う運営一時休止について】

 誠に勝手ながら、VPSのメンテナンスのため、次の期間、「LIBERA S2」の運営を一時休止いたします。

  • 2019å¹´9月18日(水)・14:00~17:00頃の間の1時間程度

 「詳細情報」ページも、併せてご一読願います。