Show more

…マジで早く国連軍日本に来て!

twitter.com/telmina/status/115

…なお、私はこのツイートで言及されているネトウヨ?の発言を読めません。
なぜなら相互ブロックだから!!!!

twitter.com/39051bo/status/115

あいちトリエンナーレは毎年楽しみにしている人が意外とたくさんいた件
#毎年あいちトリエンナーレに行くネトウヨ

twitter.com/nudy_kataoka/statu

「トリエンナーレ」という言葉の意味すらわからない人がたくさん。

同じことをマストドンでもやってみる。

もし仮に、分散型SNS(マストドン等)を用いて、非公認の 応援コミュニティが作られるとしたら、あなたは参加したいと思うか?

さっきのブーストの話を考えると、自分は自由主義を1割も理解できていなかったことになる。
まあ、そんな俺だからこそ、ここの管理者にふさわしいのかもしれないが。自分よりも遙かにまともな人が何人も参加している。これは非常に頼もしいこと。

長男が自由主義について悩んでいたが、結論として、

日本人には善と悪の概念が弱い
西洋の思想を理解するのに、キリスト教の影響を無視しては考えられない
悪魔は地獄に堕ちた天使がなったもの
自由は議論して手に入れたのではなく、国王の首をギロチンで飛ばし、多くの血を流して得たもの

最終的に、抽象的に考えていたら深みにはまる。西洋の歴史の中で考えるべきではないか、というアドバイスになった。

高江座り込み12周年報告集会「手をつなごう!軍拡に抗う島々」第2弾 - Independent Web Journal iwj.co.jp/wj/open/archives/451

日本だけじゃなくて全世界的に極右に向かっているのか…。
なお、我がリベラル鯖からはGabをドメインブロックしていることはいうまでもない。


14日かあ。行けるかどうかはわからないが、頭の片隅には入れておこう。

twitter.com/_natsukik/status/1

…立憲が国民民主党と会派を組むなら、与党主導の改憲議論に応じないことと、参院で維新と会派を組むことを完全否定することを最低限の条件とすべき。これらがなかったら立憲はまた民進党と同じ轍を踏むことになるだろう。
これ、立憲にとっては大博打だぞ。

立憲、国民の会派問題について、これからが第二幕 : 衆議院議員 大串ひろしブログ oogushi.ldblog.jp/archives/525

昨日はあんなこと書いたけど、玉木や野田が自民党補完勢力として動くことを完全に封じ込めることができるならば、立憲会派入りもいいような気がしてきた。
ただし、今の立憲にこいつらを完全に制御することができるのかどうかそのものが大いに不安なんだがな。

…タイトルだけ読むと「おおっ!?」と唸りたくなるけど、内容を読むと愕然とする。そんなに立憲は支持率下げたいの?

立憲、衆院での統一会派呼びかけ 野党共闘の強化へ転換:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/ASM855CXWM8

革命的に読みやすい、UDフォント 学力向上効果も期待 - - asahi.com/articles/ASM83358VM8

その意味では、ネトウヨも極左も関わってはならない危険な存在であり、そっちの方に向かっている一部の自称リベラルとも距離を置くべきなのかも。
だから正直、れいわ新選を批判している一部の先鋭的な立憲民主党支持者とは共闘できる気がしない。
N国や国民民主党は煽動役だろう。

僕達は本当の敵と戦うべきであり、仲間どうして撃ち合っている場合じゃない。
これが支配者にとって都合がいいのは確か。放っておいても権力者にとって都合のいいことを、どんどん民間人が考え、やってくれるのだから。
「分断して統治しろ」、これは支配における基本である。

韓国敵視を煽るな!自衛隊はイランに行くな!安倍9条改憲NO!辺野古新基地建設は断念を!8・19国会議員会館前行動 - 戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会 sogakari.com/?p=4235

表現への弾圧は、弾圧をかける側はもちろん、それに応じる側と双方によって成立すると思っている。片方だけではできない。この国の場合「忖度」や「空気」という異界がもう一層ある。
#表現の不自由展・その後 #あいちトリエンナーレ

今のNHK、重大な放送法違反状態にあるわけじゃん!
ならやっぱり俺には無理。

Show more
LIBERA S2

 リベラル派のリベラル派によるリベラル派のためのマストドン・サーバ。

 自由主義の政治思想を掲げる人々が集い、緩やかに交流、議論を深めてゆく場として、ご活用いただければと思います。

 「詳細情報」ページも、併せてご一読願います。